赤ちゃんは赤ちゃんが好き?

meerkat-275967_640

 

私は、現在1歳の女の子のママをしていますが、子育てしていて子どもと人との関わりを観察しているととても面白いことに気がつきます。

 

娘は、家でママ(私)と二人でいる時には、ママ~ママ~と私の行くところ行くところどこでもついてきます。

でも、実家へ遊びに行くと途端に私には見向きもせずに、バァバととにかくずーっと一緒に遊んでいるのです。眠たくなっておっぱいが欲しい時以外は私のところへはあまり来ません(笑)

そして、どこかへお出かけした時は、自分の興味の惹かれるものや自分と同じくらいの子どもがいるところへ積極的に向かって行きます。子どもの遊び場のようなところへ行くと、とにかく一目散に走り出し、これまたママの方へはあまり帰ってきません^^;

 

色々と観察していて感じるのは、子どもは同じくらいの子どもが好きなんだなあということ。

好きなのか、興味があるのか、どんな風に感じているかは分かりませんが、大人だけに囲まれているときよりも、子ども同士でいるときの方がなんだかイキイキしているように感じるのです。

もちろん、かわいがってくれる大人の存在というのは大切なのだと思いますし、1歳というのはまだ他人と一緒に遊ぶということはちゃんとはできません。

でも、子どもはやっぱり子ども同士の間で、子どもの世界というものがあるんだなと感じるのです。ちゃんと遊んでいるわけではないけれど、なんとなく一緒に同じくらいの子同士でいるということも大切なのかもしれませんね。

 

赤ちゃん観察は、本当に面白いです^^☆

 

 

 

 

 

1歳~

夜中に寝てくれない子どものママへ

37688220_480x313

 

1歳くらいになると、夜は朝までぐっすり眠ってくれると育児書などには書いてあります。

 

あれ?

うちの子は夜中何回も起きてますけど・・・

寝不足もいいとこなんですけど・・・

と困っているママもおられることと思います。

夜中に何度も目覚めてなかなか眠ってくれなかったり、寝つきが悪かったりすると、ママはだんだん寝不足になってストレスも溜まってきます。お昼寝は短くても、せめて夜はちゃんと寝てくれれば・・・と思っちゃいますよね。

中には、子どもが起きてばっかりで気になって、疲れているのに眠れなくなってしまうという不眠症ぎみのママもおられるかもしれません。眠たいのに眠れないというのは本当に辛く、想像以上にストレスになるものです。睡眠不足は思っている以上に心の健康を蝕んでくるものなのです。

 

私自身、1歳の娘が夜中何度も起きてそのたびに授乳し、それでもなかなか寝てくれずに毎日1時間ごとに起きなければならない状態が続いています。

不眠症のようになって、病院に相談してみようかなどと考えましたが、幸い実家が近くにあるため家族の協力でなんとか不眠症を改善することができました。

一人で抱え込んでも、なかなか解決はできません。

家族に協力を求めたり、無理ならば専門家に頼るということも大切なことなのです。

 

1歳くらいになると、子どもは脳の発達が著しいためどうしても夜中に目覚めてしまったりするようです。

あとは、歯が生えてくる時期なので口の中に違和感を感じて目覚めることもあるそうですね。

いろいろと子どもなりに目覚める理由はあるようですが、いつまでも夜の苦しみは続きません。

 

イライラしてしまう日も、泣きたい日もあるかもしれませんが、もう少しの辛抱です!

一緒にがんばりましょう^^

1歳~

日中に仕事をしたい!昼間に子どもを預ける場所について

37691723_480x409  

前回も書いたように、色んな事情で子どもを昼間保育園などに預けているママや、預ける予定のママは多いことと思います。

しかし、保育園はいっぱいですぐには保育園に入れない待機児童という問題もあり、子育てをしながら仕事復帰しようと考えるままには厳しい現状でもあります。  

子育てと仕事の問題は、子育て中のママにとってはなかなか難しい問題でもありますよね。 正社員かパートか、または専業主婦か・・・

そこで、昼間に子どもを預ける方法としていくつか、それぞれの特徴を挙げてみたいと思います。

 

【一時保育】

保育園に平日の終日預けるのではなく、地域にもよりますが週1~3日程度預かってくれるシステムです。

地域によっては実施されていないところもあるかもしれませんが、実施されていて待機の状態の方たちが利用されることも多いようです。週3日ならば、パートに出るという選択もできますね。

 

【昼間里親】

こちらも地域によってないところもあるのかもしれませんが、これは市に登録した一般家庭で昼間少人数の子どもを預かってくれるというシステムです。

一般家庭に預けるのはちょっと不安に感じるかもしれませんが、面接など前もってお話できる機会を持ってみてから考えるのもよいかもしれませんね。

 

【無認可保育園】

認可保育園よりは料金は上がりますが、緊急の時やどうしても預けたいという事情がある方には良いかもしれません。

無認可保育園は認可保育園に比べて料金面などで人気はありませんが、一度見学に行って話しを聞いたり雰囲気を見て良さそうならば選択肢として入れておいても良いかもしれません。

 

【幼稚園の延長保育】

幼稚園に入れる年齢になったら、幼稚園でも最近は延長保育といって長時間の預かりをしてくれるところもあります。主に私立の幼稚園ですが、保育園よりも料金や入りやすさを考えれば利用しやすいかもしれません。  

幼稚園は基本的には14時までですが、延長保育で18時まで預けられるところもあるので、仕事を16~17時に退社して迎えに行くこともできます。

私の場合は、来年から一時保育を利用して在宅でお仕事をすることになっています。

 

それぞれのライフスタイルに合わせて、一番ぴったりな方法を見つけたいですね^^

1歳~

情報過多な時代に子育てするママたちへ

37688220_480x313

 

昨今は、育児についての情報はインターネットを開けばすぐに何でも調べることができます。

育児についての研究なども昔に比べてかなり進んでいるはずで、世の中には驚くほど多くの情報がどこにも溢れているのが今の時代です。

 

一生懸命子育てをしているママたちは、子どもの成長や発達について常に気になることがあるでしょうし、なるべくすぐに悩みや心配事は解決したいと考えておられることでしょう。

私も実際、子どものちょっとした変化が気になったりするとインターネットで調べたり、近くに居る人に教えてもらったり意見を聞いたりします。

それですべてが解決するとは限りませんが、一人で不安な気持ちを持っているよりは何か情報に頼りたい気持ちというのはありますよね^^

 

しかし、ふと子育てのことに悩んだ時に、情報量が多すぎて時々何が正しいことなのかが分からなくなることってありませんか?

近くにいる人は、よかれと思って色々と教えてくれ、それがとても参考になり心の安定に繋がることもあるのですが、時々人によって言っていることが様々で分からなくなってしまったり。

インターネットなどは顕著にこの傾向が出やすい気がします。悩みを解決したくてインターネットで調べたことが、本当は何が真実なのかが分からなくなりやすいですね。顔が見えない世界なので、真実ではないことも堂々と語れていまうのがインターネットの世界なのです。

 

情報はしっかり自分自身で選びながら、上手に取り入れて子育てをしていきたいものですね^^

 

 

 

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせについて

37688200_480x379

 

1歳を過ぎる頃になると、赤ちゃんもとても視野や興味を示す範囲も広がり、赤ちゃんから幼児へと成長を遂げる段階ですね。

だんだんと自分でできることも増え、歩くことや色んなものを触るのが楽しくて仕方ありません。

 

親として、周囲で見守る大人として何か成長のために良いことをしてあげたい!きっと可愛い我が子のために、そんな風に思っている方は多いことでしょう^^

そんな今にオススメなのが、絵本の読み聞かせです!

 

じゃあどんな本を選んであげたらいいの!?ということになりますよね。

月齢に合わせた絵本選びも良いのですが、1歳をすぎると大人が言っていることが少しづつですが分かってくる時期ですので、あまり月齢を意識しすぎた絵本選びをしなくても良いのでは?と私は思います。

月齢に合わせるよりは、本屋さんや図書館で色んな絵本を見せてあげて、本人が気に入った絵が描いてあるものを購入なり借りてあげるなりする方が、きっと嬉しいはず!^^

 

うちの娘は今1歳1ヶ月なので、まだお話自体はあまり分からないかもしれませんが、絵柄がかわいらしい絵本が大好きで、3歳児向けの絵本をいつも見ています。

それに、分からなくてもママに絵本を読んでもらうということ自体が大好きな子も多いと思いますので、どんどん色んな絵本を読んであげたいですね☆

 

きっと、たくさん大人たちが教えてくれた絵本の中から、自分が好きなものを自分で選んでいくようになることと思います!

 

 

 

 

 

1歳~

歩けるようになった赤ちゃんとのお出かけについて

37730312

 

1歳を過ぎると、そろそろ歩けるようになってくる赤ちゃんも多くなります。

 

歩けるようになると、赤ちゃんの世界はこれまでよりもグンと広がり、歩けるようになったことが嬉しくてたまらないとばかりにあちこちを歩き回ります。

なにやらまだ分からない言葉のようなものを発しながら、行く先々にあるものを興味深々にじーっと見つめたり触ってみたり。

本当にカワイイ盛りですね^^☆

それを追いかけるママはこれまでよりも格段に大変にはなりますが、我が子の成長は本当に嬉しいものです。

 

この頃になると、お出かけできる場所もこれまでとは変わってきますよね!

歩けるようになり、自分で広い場所で好きなように歩けると赤ちゃんはとても喜びます。自動車の来ない近所の公園や、芝生のある広々とした場所に連れて行ってあげるといいかもしれませんね☆

 

私は、先日家族で京都の競馬場へ行きました。

競馬場は、娘に馬を見せてあげられるのと、広い芝生があるので思う存分歩かせてあげられると考えかからです。お弁当を朝から作って、芝生の上で太陽を浴びながらのんびり過ごせて私たち夫婦もとても満足な休日を過ごすことができました^^

たくさん動いたから疲れたのか、夜中にいつも目を覚ます娘が珍しく夜中もぐっすりと眠ってくれました!(これが一番嬉しいですね)

 

赤ちゃんによって興味のあるものや喜ぶことはそれぞれだと思いますが、1歳を過ぎるととても興味の幅が広がるので、その子に合った遊び場所に行ったりお出かけができるといいですね!

 

 

 

1歳~

1歳頃からの赤ちゃんの遊びについて

37688158_480x467

1歳頃になると、歩き出したりして行動範囲も広くなり視界もかなり広がります。

感情表現も豊かになり、遊びの幅もとても広がってくる時期ですね!

 

押し車を押す、絵本をパラパラめくって見る、大人の真似をして喜ぶ、積み木で遊ぶ、音楽に合わせて身体を動かす、などの遊びを全身を使って楽しむことができます。

この時期の赤ちゃんにとって、目に映るものすべてが刺激的なのですね!

心も身体も、毎日私たち大人の想像以上に毎日成長しており、昨日できなかったことが今日できた!というようなこともよくあります。

周囲の大人が「この世界にはこんなに色んなものがあるんだよ」ということをぜひとも教えてあげたいですよね!

 

どんなおもちゃで喜ぶか、どんな遊びが好きかなどを観察して、それぞれの個性に合った遊びを提供してあげるのも良いと思います。

意外と赤ちゃんの方が自分で楽しいことを見つけていたりもしますが^^☆

 

ちなみにうちの子は、大人は教えていないけれど絵本を見るのが大好きで、毎日朝起きてすぐにお気に入りの絵本をパラパラめくってひとりで楽しんでいます。

最近は、音楽や歌に合わせて歌ったり(?)踊ったりしている姿を見せてくれ、とても癒されます。

子育ては本当に大変で疲れることもありますが、遊んでいるときの笑顔を見ると心から子どもの存在は大きく愛しいものだなと感じます。

 

赤ちゃんとの遊びは、大人も成長させてくれるものなのですね☆

1歳~

赤ちゃんの卒乳、断乳について

PAK95_gussurinemuruanjyu500-thumb-260xauto-3138

 

1歳をすぎると、母乳育児をしているママは「そろそろ断乳を考えた方がいいのかな?」「いつになれば卒乳してくれるのかな?」と不安な気持ちになってくる方もおられるかもしれません。

子どもが1歳になったらお仕事を再開されるママも増えるので、おっぱいをいつ止めるか(断乳)について考えていかなければならないこともあります。

 

断乳は、赤ちゃんがまだおっぱいを欲しがっているのにママの方からやめさせるということなので、赤ちゃんにとってもママにとってもしばらくは辛い日が続くこともあります。

意外とすんなりと断乳できた!という方や、けっこう時間がかかったという方など、赤ちゃんによっても様々なようですね。

 

ママのお仕事の関係など理由があって断乳する場合は仕方がないところがありますが、もしもママがおっぱいをあげることが可能な状況で、赤ちゃん側もまだまだおっぱいを飲みたいという意思あるのならば、無理な断乳は私はオススメしません。

なぜなら、おっぱいは赤ちゃんにとって精神安定剤的な役割をしているからです。

ママのおっぱいを飲むlことで、赤ちゃんの心は満たされ、愛されているという安心感や自信に繋がるのです。好きなだけおっぱいを飲んで満足すれば、赤ちゃんは自分からおっぱいはもういらない!(卒乳)と意思表示をします。

ママから愛されているという安心感や自信を持った子どもは、成長しても心がしっかり安定した感情の豊かな人間になります。

キレにくく、情緒が安定しているため他人を思いやる心も育ちやすいのです^^

 

断乳したから、赤ちゃんの心の成長が阻害されるというわけではもちろんありません。

しかし、最近は早めに断乳しなければ!という風潮がややあるような気がするので、この話題を取り上げてみました。

可能であれば、赤ちゃんは2歳くらいまで飲ませてあげてもまったく問題はありませんし、2歳をすぎていてもおかしくはありません。

おっぱいは栄養満点な上に赤ちゃんの心の安定にも繋がる「魔法」のような素晴らしいものなのです!

 

私も、子育ては母乳でなるべく子どもが満足するまで飲ませてあげようと思っています^^☆

 

 

1歳~