妊娠期の体重管理について

sleep-264475_640

 

妊娠期、特に後期になると体重管理が大切になるといわれます。

 

それは、妊娠期に太りすぎると産道に脂肪がついて赤ちゃんが出にくくなる、太りすぎることで高血圧症になる、むくみがひどくなる、など色々な理由があるようです。

病院でも体重管理には厳しいところが多いようで、日本では妊娠期は体重増加が7~8kgまでというだいたいの目安があるようです。

 

たしかに、妊娠期は食事にも気をつけなければなりませんし、体重も増えすぎない方が良いというのは健康管理上本当だと思います。

しかし、世界的に見ると日本は妊婦の体重管理に厳しすぎるという声があるのも事実のようです。体重管理を厳しくしすぎた結果、低出生体重児(2500g以下で生まれる赤ちゃん)が年々増えているのも事実なのです。

小さく生まれることで、先天性の障害のリスクや将来成人病になるリスクが高くなるという報告もされています。

 

食事のバランスや量を自分なりに調節することは大切なことですが、過度の食事制限や神経質なほど太ることを気にすることは、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えます。

気分良く、ほどほどに食べたい時に食べ、歩いたり運動も取り入れるのが良いといわれています。

 

私の場合は、妊娠前より17kg太ってしまうという自分でも驚きの体重増加でした(これは太りすぎかもしれません・笑)

でも、出産後育児に奮闘した結果、半年で妊娠前の体重に自然に戻りました。

あまりに体重が妊娠期に増加したので心配でしたが、無事健康な赤ちゃんも出産することができ、体重も戻ったので、これは極端な例かもしれませんが良かったです^^;

 

体重管理はちゃんとしなければ!!

という風潮なので、少し疑問を感じていることを文章にしてみました。

 

 

 

おしるしと陣痛について

いよいよ出産!という時になると、おしるしや陣痛といった本格的な出産の兆候があわられます。

 

おしるしがあってから陣痛、という人もいれば、陣痛が始まってからおしるしが出る人もいます。

また、おしるしがなくいきなり陣痛が来る人もいれば、破水からお産が始まるという人もいるのです。

本当に、お産の始まりは人それぞれなのですね^^

 

外出している時などに陣痛や破水が始まると、パニックになってしまいがちですので、臨月を迎えたら一人で遠くへのお出かけは控えましょう。

近所を散歩する時などはなるべく誰かに付き添ってもらい、母子手帳と携帯電話、そしてお金と大きめのタオルは必ず持ち歩くようにすると安心ですね。

 

お産ばかりは予測をすることが難しく、本当にいつ何時始まるかは誰にも分かりません。

毎日神経質になって気にしすぎるのは良くありませんが、体調管理はしっかりして外出時などは注意をしましょう。

 

私は、37週に入った頃に深夜に規則的な痛みを感じ、病院へ電話をしてその何時間後かに入院になりました。

陣痛かなと思っていたものが実はまだ前駆陣痛で、入院したもののなかなか本当の陣痛が来ず、子宮の刺激などしても陣痛が来なかったため陣痛促進剤を打ってもらい、なんとか出産へと至りました。

出産にかかった時間は思っていたよりも長かったですね^^;

 

インターネットなどでお産のはじまりの流れなどがたくさん書かれていることと思いますが、その通りにいくとは限らず、その人によって色々なお産があるのだと思います。

あまり情報に惑わされないように、自分なりのお産で大丈夫!とある程度楽観的でいる方が上手くいったりするようです^^

 

これはどうだろう?と迷ってしまった時は、ためらわずに産院に一度電話してみましょう。

 

丁寧に優しく今の状態を聞き、これからどうすべきかを指示してくれるはずです!

 

 

 

 

出産前の兆候?こんな症状が出たら要チェック!

本格的なお産の兆候である陣痛やおしるしが来る前に、出産の準備が進んでいるサインがあらわれることがあります。
 
 
その症状は人によって様々ですが、どの症状が出てもそれはお産が近いというサインです。
 
 
では、出産が近いサインとはどのようなものがあるのでしょう?
 
 
 
 
おりものが増える・・・赤ちゃんが産道を通りやすくするために白くて少し水っぽいおりものが見られることがあります。
 
 
恥骨が痛む・・・赤ちゃんが下がってくるため、足の付け根や恥骨に痛みを感じるようになります。
 
 
トイレが近くなる・・・子宮が膀胱を圧迫するので、頻尿になります。
 
 
腰痛になる・・・赤ちゃんが下がり、腰が圧迫されるため痛みを感じるようになります。
 
 
胃がすっきりする・・・赤ちゃんが下がることにより、胃への圧迫がなくなり食欲が湧くようになります。
 
 
前駆陣痛がくる・・・子宮の収縮により下腹部に不規則な痛みを感じます。不規則で我慢ができるくらいの痛みであれば、まだ本格的な陣痛ではなく前駆陣痛です。
 
 
 
 
以上のような症状があれば、出産が近いですよ!というサインです。
 
 
ママは、日々大きくなる赤ちゃんをお腹に抱えながら過ごさなければならないので、身体への負担も大きく毎日大変だと思います。
 
 
私も臨月の頃はお腹もかなり大きくなっていて、腰痛、恥骨の痛み、前駆陣痛、頻尿など様々な症状があり日々の生活だけでいっぱいいっぱいでした^^;
 
身体のしんどさと出産への不安で、眠れない日もありました。
 
でも、長い妊娠生活ももうじき終わり赤ちゃんとの新しい生活がはじまるんだ!と考えて、周りの家族たちの励ましもありなんとか乗り切ることができました。
 
 
 
 
赤ちゃんは着々とママやパパに会うために準備を進めています^^
 
 
 
晴れた暖かい日には家族と一緒に近所を散歩などしながら、赤ちゃんの準備が完了する日を楽しみに待ちましょう!

出産前の母親教室への参加について

baby-22079_640

妊娠後期の出産間近になると、かかりつけの産婦人科などが主催する母親教室への参加の案内などがあることがあります。

 

産婦人科だけでなく、市でやっているところもあるかもしれませんね^^

出産時の陣痛の痛みの逃し方や、出産の流れについての説明、その他出産への不安の解消のための質問コーナーなど、これから出産を迎えるママのための講座です。

体調が悪くなければ、ぜひとも参加していただきたいなと自分の体験から思います。

一人で悶々と出産への不安を抱えているのは良くないですし、そんなに心配はしていなくても少しの不安は誰にでもあるのではと思うからです。

 

参加しているママたちは、みんな出産間近の妊婦さんですので不安も分かち合えるのではないでしょうか。

その場で特にたくさん誰かとお話ができなくても、産婦人科の先生や助産師さんの励ましの言葉を聞くだけでなんとなくホッとできるものです^^

 

産婦人科の方たちのお話を聞いていると、なんとなく出産時にも慌てないで落ち着いていられるような気がしました。

 

気分転換にも良いと思いますので、気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんの名づけについて

chiu-175937_640

お腹の赤ちゃんの性別は、産婦人科で聞かれたでしょうか?

 

この時期になると、そろそろ産まれてくる赤ちゃんの名前を考えはじめても良い頃ですね^^

 

私たち夫婦は、妊娠中期に性別が分かった頃から名前を考えはじめました。

画数や響きなどを色々と最初は考えすぎて、だんだんどんな名前が良いのか分からなくなってしまいました^^;

周りの家族たちもあれやこれやと色々とアドバイスをくれるのですが、色んな意見があり迷うことが多かったですね。

結局は私たち夫婦が一番良いと思う名前にしましたが、今となってはそれで良かったと本当に思います。

 

色んな意見ももちろん貴重なのですが、やっぱりお腹の赤ちゃんは自分達夫婦の子どもです。

子どもの幸せを一番考えているはずですから、パパとママになる私たちが産まれてくる赤ちゃんが幸せになれるような名前を考えてあげたいですよね^^

 

画数なども気になるところですね。

もちろん画数が良いことに越したことはないですが、あまりに気にしすぎて分からないようになってしまったら、好きな漢字や名前の響きで決めるのも良いかもしれません。

名前は一生その人の看板のような役割を担うものなので色々と悩んでしまいますが、パパやママが一生懸命考えてくれた名前なら、赤ちゃんもきっと幸せなのではないかと思います。

 

赤ちゃんに会える日を楽しみに、素敵な名前を考えてあげてくださいね^^

 

 

里帰り出産について

臨月に入ると、もう出産間近です。

 

里帰り出産をする予定のママは、34週を迎える頃までには帰っておきましょう。

産まれるタイミングは本当に人それぞれで、妊婦健診でもう少しで産まれそうと診断されていてもすぐには産まれない人もいれば、まだまだ赤ちゃんが上の方にいるからしばらくは産まれないと言われていても意外とすぐに出産になる人もいます。

出産は、本当に誰にも予測がつきません。

ですので、備えあれば憂いなし!という気持ちでなんでも早めに準備をしておくことが基本です。

 

里帰り出産の前に陣痛などが始まってしまうと、気持ちの余裕がなくなり冷静な判断ができなくなってしまうかもしれません。

元気な赤ちゃんに安心して会うためにも、里帰りは早めにしておきましょう^^

 

里帰りをして、気持ちにゆとりがあり健康な状態だったら、毎日少しでも近所を散歩するのも良いですね。

臨月であっても、適度に身体を動かすことは大切です。

 

里帰りすると、家族がいろいろと気を遣ってくれることと思います。

心配な気持ちから、一体いつ産まれるの?というようなことを言われることもあるかもしれません。

家族だからこそ、遠慮なしに色んなことを言ってこられるかもしれませんが、それはあなたのことや赤ちゃんを心配して言われていることがほとんどだと思います。

ゆったりした心で、ある程度は聞き流して自分なりにこの時期を楽しく過ごしましょう^^

 

そして、一番大変なこの時期に心配してくれ、一緒にいてくれる家族に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう!

 

妊娠10ヶ月の様子について

ついに妊娠10ヶ月、正産期に入りました。

あなたの妊娠生活は長かったでしょうか?

それとも、意外と短かったでしょうか?

 

泣いても笑っても、もう妊娠生活最後の月です。

赤ちゃんも、生まれてくる準備が整ってきています^^

この頃は、赤ちゃんの体重が2500gを超えるともういつ生まれてきても良い状態です。

 

もうすぐ妊婦生活は終わりますが、この妊娠10ヶ月の時は気を抜かずに体重管理をしっかりし、体調も整えておきたいですね。

小さすぎても心配ですが、大きくなりすぎても難産の原因にもなりかねません。

 

そして、この時期は出産の準備の症状として白っぽいおりものが出ることがあります。

苦しかった胃が、赤ちゃんが下りてくることでだいぶ楽になりますが、出産への不安感から気分の浮き沈みが激しくなることがあります。

今は何よりリラックスして過ごすことを第一に考えてくださいね^^ママの精神面の健康は大切です。

 

出産直前の兆候としては、子宮口が柔らかくなりおりものが増えたり、おしるしが出たり、陣痛が来たりします。

人によってどのような症状が出るかはその時にならないと分かりませんが、臨月にはいつ症状があらわれてもおかしくはありません。

必要以上に恐れたり神経質になる必要はありませんが、入院準備をしっかり整え、産院といつでも連絡が取れるようにしておくと安心ですね。

 

一人きりで出かけることはなるべく控えた方が良いと思いますが、少し散歩をしたりして気分転換をしながら、心安らかに赤ちゃんが来る日を待ちましょう^^

 

赤ちゃんをあなたの腕に抱ける日も、もう間近です!

 

 

 

 

 

 

妊娠後期の不安感について

baby-20607_640

妊娠後期になり、出産まであと少しですね。

 

生まれて来る赤ちゃんはどんな顔をしているのだろう?

赤ちゃんのいる生活はどんな風になるのだろう?

と期待も膨らむ一方で、その前に越えなければならない出産当日のことについて考え出すと、不安な気持ちも大きくなりますよね。

 

初産婦さんは特に、まったく初めてのことなのでイメージも湧かない上にいつ赤ちゃんが出てきてくれるかというのはまったく未知ですし、どんなお産になるのかなとあれこれ考えてしまいがちです。

お腹も大きくなって、ただでさえ寝つきが悪いのに不安な気持ちが余計に安眠妨害する夜もあることでしょう。

私自身、予定日が近づくほどに不安でいっぱいになりナーバスな気持ちをいつも抱えていました。

周りの期待もあり、まだかまだかと言われるのもプレッシャーでした。

無理やり気分転換してもあまり気分転換にならなかったり、とそんな日々でしたね^^;

 

でも、赤ちゃんは着実に外の世界に出て来る準備をしていますし、いつ出ていこうかとちゃんと考えています。

どんな個性で生まれていこうかと選んでいるのですね^^

お誕生日によって、赤ちゃん自身の個性が違ってきます。

小さいけれど、赤ちゃんはこれから始まる人生を自分自身で決めようとしているのです。

 

なので、赤ちゃんの意思を尊重しながらママはゆっくり気長に待っていてくださいね^^

周りのことや、出産への不安は誰にでもあります。

出産も終わってみれば良い思い出になってしまいます。

 

パパや家族たちと、新しい家族が増えた生活をイメージしたりして話し合うことはとても良いと思います。

今は今で本当に貴重な時間ですので、あと少し、ママの準備も進めながら毎日をハッピーに過ごしてくださいね!

妊娠後期のお腹の張りについて

妊娠後期になると、子宮がお腹の赤ちゃんを外に押し出すための練習として「前駆陣痛」という陣痛の練習のような現象が起こります。

キューッと子宮が収縮し、少しの痛みを感じるかもしれませんが、痛みがずっと続いたり出血などせずに安静にしておさまるようならば大丈夫です。

 

前駆陣痛は、お産に向けての予行練習で自然な現象ですので、逆になくてはならないものなのです。

 

眠れないくらい痛い、出血があるなどの場合は迷わずすぐに病院へ行きましょう!

 

長時間の立ち仕事、運動のしすぎなどはこの時期には禁物です。

毎日継続的に少し散歩などをすることは、お産の促進になりますので良いことですが、もう出産間近ですので、無理だけはしないようにしましょう^^

 

かといって、神経質になるのも精神的に負担がかかり良くありません。

あたたかい飲み物を飲みながら音楽を聴く、映画を観る、などなるべく楽しくゆったりとできる環境を整えましょう。

 

本当の陣痛は、規則的でとても強い痛みが来ます。

前駆陣痛は不規則で、我慢できる痛みです。

 

陣痛は、来るとすぐに分かると言われますので、前駆陣痛との見分けもつきやすいです。

ですので、過剰に気にすることなく「出産のための練習なんだな~」と考えてゆったり過ごしてくださいね^^

 

出産時の立会いについて

baby-220315_640

妊娠後期に入ると、ママは出産当日のことなども色々とイメージし始めることと思います。

パパと立会い出産するかどうかというお話はされましたか?

 

立ち会うかどうかということは、本当に人それぞれ事情や希望があると思います。

私は、夫の仕事の都合で立会い出産ではなかったのですが、周りの出産された方はほとんど立ち会っていらっしゃったことにびっくりしました。

母に聞くと、昔は立会いというものは少なかったようで、最近になって立会い出産というのが主流?になってきたとのこと。

 

出産を終えてみて思ったことは、できることならば夫に立ち会って欲しかったなあという感情が残ったということです。

出産前は、私自身そこまで立会い出産へのこだわりもなく、必死にいきんでいる姿を見られるのが恥ずかしいという思いもあり、夫にも「無理に立ち会わなくてもいいよ!」と言っていました。

 

でも実際出産の場面になると、本当に心細さや怖さや不安でいっぱいになりました。

立会いはいらないよ!と言ったことを後悔しました。

母が幸いそばについていてくれたので、なんとか乗り切れたお産だったような気がしました。

私はなかなか本陣痛が来なくて、赤ちゃんも降りてこず、少し難産ぎみだったので余計に心細かったこともあったかもしれません。

 

旦那さんが絶対嫌だと言われるならば無理強いは良くないとは思いますが、出産はママにとって命がけの仕事です。

きっと一番信頼できるパパがそばにいてくれると、出産も頑張れるのではと思うのです。

もし、立会いをどうするか迷っておられるならば、ぜひ立会い出産をおすすめします。

 

出産後の夫婦の絆も深まることが多いのではないかな、と思います^^