妊娠期の体重管理について

sleep-264475_640

 

妊娠期、特に後期になると体重管理が大切になるといわれます。

 

それは、妊娠期に太りすぎると産道に脂肪がついて赤ちゃんが出にくくなる、太りすぎることで高血圧症になる、むくみがひどくなる、など色々な理由があるようです。

病院でも体重管理には厳しいところが多いようで、日本では妊娠期は体重増加が7~8kgまでというだいたいの目安があるようです。

 

たしかに、妊娠期は食事にも気をつけなければなりませんし、体重も増えすぎない方が良いというのは健康管理上本当だと思います。

しかし、世界的に見ると日本は妊婦の体重管理に厳しすぎるという声があるのも事実のようです。体重管理を厳しくしすぎた結果、低出生体重児(2500g以下で生まれる赤ちゃん)が年々増えているのも事実なのです。

小さく生まれることで、先天性の障害のリスクや将来成人病になるリスクが高くなるという報告もされています。

 

食事のバランスや量を自分なりに調節することは大切なことですが、過度の食事制限や神経質なほど太ることを気にすることは、お腹の赤ちゃんにも悪影響を与えます。

気分良く、ほどほどに食べたい時に食べ、歩いたり運動も取り入れるのが良いといわれています。

 

私の場合は、妊娠前より17kg太ってしまうという自分でも驚きの体重増加でした(これは太りすぎかもしれません・笑)

でも、出産後育児に奮闘した結果、半年で妊娠前の体重に自然に戻りました。

あまりに体重が妊娠期に増加したので心配でしたが、無事健康な赤ちゃんも出産することができ、体重も戻ったので、これは極端な例かもしれませんが良かったです^^;

 

体重管理はちゃんとしなければ!!

という風潮なので、少し疑問を感じていることを文章にしてみました。

 

 

 

離乳食後期の赤ちゃんの食事について

ANJ88_ookiiokuchidegohan500-thumb-260xauto-3465

 

離乳食後期になると、1日3回食になり赤ちゃんも食べることに慣れてきた頃ではないでしょうか?

 

よく食べる赤ちゃんもいれば、まだなかなか食べることを楽しむことが難しい赤ちゃんもいます。

せっかく作ったご飯を食べてくれないと、悲しくなって作るのが嫌になったりついイライラして言葉がキツくなってしまったりするかもしれません。

その気持ちは私自身の経験からよく気持ちが分かります^^;

でも「食事は楽しいもの!」ということを教えてあげることで、今はあまり食べるのが好きでない子でも徐々に食べることが好きになることも多いのだそうです。

家族で食べる食事は楽しい時間にしたい!という気持ちも、きっとみんなの中にはありますよね☆

 

赤ちゃんの時期、特に10ケ月を過ぎた頃は、赤ちゃんが自由に動き回れるようになり周りに興味を惹かれるものや新鮮な刺激が山ほどあるため、食べることにそこまで興味を持たない子もいます。

食べることよりもたくさん遊びたい!動きたい!!という赤ちゃんの気持ちも、そう考えると少し分かるような気がしますよね^^

 

心配になることもありますが、気長にのんびりと優しい目線で見守ってあげたいですね!

 

 

生後10ヶ月頃のお世話やお出かけについて

PAK95_suberidaianjyu500-thumb-260xauto-3141

 

生後10ヶ月にもなると、赤ちゃんはハイハイも上手になりつかまり立ちやつたい歩きをするようになる子も多くなります。

 

わが子の成長はとても嬉しいものですが、成長に伴って行動範囲も広くなり、好き嫌いの感情表現をしっかりするようになるので、ママもお世話が大変になってきます。

うちの子もちょうど今現在10ケ月で、大声で叫んだりソファによじ登ったり、家中をハイハイで動き回ったり、なんでも棚から出して散らかしたり、と本当にやりたい放題で元気いっぱいです(笑)

一人で日中ずっとお世話していると、けっこう体力も気も遣うので疲れます・・・^^;

 

一緒にお出かけできる場所も、児童館や赤ちゃん連れOKのカフェや赤ちゃんルームなどがあるショッピングモールなどに限られてきますので、ママ一人では色んなところには連れて行けないことがつらいところです。

3ヶ月くらいの静かな頃が懐かしいですね(笑)

 

でもこれも成長の一過程です。

歩き出すとまたそれはそれで大変なこともありますが、今は今しかない可愛さがきっとある!と考えて日々なるべく楽しみながら過ごすことを心がけています。

どうしても困ったときは、家族や友人、地域のサービスなどに頼ることも大切ですね^^