働くママと専業主婦のママ、どちらでいるべきか悩んでいるママたちへ

yun_4124x

 

子どもが少し大きくなってくると、子どもを保育園に預けて働きに出ようか、また子どもがもう少し大きくなるまでは一緒に居てあげるべきか・・・

そんな悩みを持つママは多いのではないでしょうか?

 

今の時代は、特にこの選択について議論されることも多かったり、このことで悩むママも増えていることでしょう。

これについては、いろんな人が本当に様々な意見を持っていますよね。

3歳になるまでは、母親が子どもと一緒に居てあげたほうが情緒の安定に繋がるという人、また子どもが小さいうちから社会生活に慣れることもひとつの勉強ととらえ、保育園に行かせるのも良いことだという人もいます。

家庭の事情でやむなく働くという選択をした人もいれば、もともと専業主婦が性格的に向いていなくて働きに出ていたほうが家庭円満に暮らすことができるという人も。

逆に、専業主婦に向いていて家庭を守りながら子育てをすることが喜びという人など、本当に人それぞれに色んな事情があるものです。

 

こうすべき!!

というような「真実」は、子育てにはないのだと思います。どういうかたちをとっているママも、みんな子育てや生きることに精一杯取り組んでいるはずだから。

保育園に預ければ「子供がかわいそう」という人がいて、専業主婦をしていれば「旦那さんに食べさせてもらっている」などというような人もいます。どちらにしても、何かいう人はいつの時代もきっといるのでしょうね^^;

その立場の人にしか分からないことというのはあります。

 

どのようなかたちを選んでも、あなたはあなた。

我が子や家族を思う気持ちに変わりはないはずです!

自分の道をじっくり考えて選んで、一生懸命であればそれはあなた自身の「正解」となるのだと思います。

情報過多な時代に子育てするママたちへ

37688220_480x313

 

昨今は、育児についての情報はインターネットを開けばすぐに何でも調べることができます。

育児についての研究なども昔に比べてかなり進んでいるはずで、世の中には驚くほど多くの情報がどこにも溢れているのが今の時代です。

 

一生懸命子育てをしているママたちは、子どもの成長や発達について常に気になることがあるでしょうし、なるべくすぐに悩みや心配事は解決したいと考えておられることでしょう。

私も実際、子どものちょっとした変化が気になったりするとインターネットで調べたり、近くに居る人に教えてもらったり意見を聞いたりします。

それですべてが解決するとは限りませんが、一人で不安な気持ちを持っているよりは何か情報に頼りたい気持ちというのはありますよね^^

 

しかし、ふと子育てのことに悩んだ時に、情報量が多すぎて時々何が正しいことなのかが分からなくなることってありませんか?

近くにいる人は、よかれと思って色々と教えてくれ、それがとても参考になり心の安定に繋がることもあるのですが、時々人によって言っていることが様々で分からなくなってしまったり。

インターネットなどは顕著にこの傾向が出やすい気がします。悩みを解決したくてインターネットで調べたことが、本当は何が真実なのかが分からなくなりやすいですね。顔が見えない世界なので、真実ではないことも堂々と語れていまうのがインターネットの世界なのです。

 

情報はしっかり自分自身で選びながら、上手に取り入れて子育てをしていきたいものですね^^

 

 

 

赤ちゃんへの絵本の読み聞かせについて

37688200_480x379

 

1歳を過ぎる頃になると、赤ちゃんもとても視野や興味を示す範囲も広がり、赤ちゃんから幼児へと成長を遂げる段階ですね。

だんだんと自分でできることも増え、歩くことや色んなものを触るのが楽しくて仕方ありません。

 

親として、周囲で見守る大人として何か成長のために良いことをしてあげたい!きっと可愛い我が子のために、そんな風に思っている方は多いことでしょう^^

そんな今にオススメなのが、絵本の読み聞かせです!

 

じゃあどんな本を選んであげたらいいの!?ということになりますよね。

月齢に合わせた絵本選びも良いのですが、1歳をすぎると大人が言っていることが少しづつですが分かってくる時期ですので、あまり月齢を意識しすぎた絵本選びをしなくても良いのでは?と私は思います。

月齢に合わせるよりは、本屋さんや図書館で色んな絵本を見せてあげて、本人が気に入った絵が描いてあるものを購入なり借りてあげるなりする方が、きっと嬉しいはず!^^

 

うちの娘は今1歳1ヶ月なので、まだお話自体はあまり分からないかもしれませんが、絵柄がかわいらしい絵本が大好きで、3歳児向けの絵本をいつも見ています。

それに、分からなくてもママに絵本を読んでもらうということ自体が大好きな子も多いと思いますので、どんどん色んな絵本を読んであげたいですね☆

 

きっと、たくさん大人たちが教えてくれた絵本の中から、自分が好きなものを自分で選んでいくようになることと思います!

 

 

 

 

 

1歳~

歩けるようになった赤ちゃんとのお出かけについて

37730312

 

1歳を過ぎると、そろそろ歩けるようになってくる赤ちゃんも多くなります。

 

歩けるようになると、赤ちゃんの世界はこれまでよりもグンと広がり、歩けるようになったことが嬉しくてたまらないとばかりにあちこちを歩き回ります。

なにやらまだ分からない言葉のようなものを発しながら、行く先々にあるものを興味深々にじーっと見つめたり触ってみたり。

本当にカワイイ盛りですね^^☆

それを追いかけるママはこれまでよりも格段に大変にはなりますが、我が子の成長は本当に嬉しいものです。

 

この頃になると、お出かけできる場所もこれまでとは変わってきますよね!

歩けるようになり、自分で広い場所で好きなように歩けると赤ちゃんはとても喜びます。自動車の来ない近所の公園や、芝生のある広々とした場所に連れて行ってあげるといいかもしれませんね☆

 

私は、先日家族で京都の競馬場へ行きました。

競馬場は、娘に馬を見せてあげられるのと、広い芝生があるので思う存分歩かせてあげられると考えかからです。お弁当を朝から作って、芝生の上で太陽を浴びながらのんびり過ごせて私たち夫婦もとても満足な休日を過ごすことができました^^

たくさん動いたから疲れたのか、夜中にいつも目を覚ます娘が珍しく夜中もぐっすりと眠ってくれました!(これが一番嬉しいですね)

 

赤ちゃんによって興味のあるものや喜ぶことはそれぞれだと思いますが、1歳を過ぎるととても興味の幅が広がるので、その子に合った遊び場所に行ったりお出かけができるといいですね!

 

 

 

1歳~

子どもがいる人生と、いない人生について

37742257_480x320

 

私は自分が子どもを生むまでは、実はあまり子ども好きではなかったのです。

外出した時にお店や電車の中で子どもが騒いでいる姿を見て、正直なところあまり良い気分ではなかったし、小さな子どもに興味自体あまりなかったとも言えます。

 

でも、私には今1歳の子どもがいます。

一人の娘の親になった今、自分がとても変わったと感じます。自分の子どもが可愛くて仕方ないのはもちろん、お出かけ先で会う同じような小さな子どもや赤ちゃんを見て自然と嬉しくなってしまうのです。

小さい子どもや赤ちゃんにあまり興味がなく、自分が子どもを将来的に持つだろうという感覚も2年ほど前までは薄かった私が、子どもを授かって大きく自分が変化してこんなに子どもというものが愛しい存在だと感じるようになったのですから本当に驚きです。

 

子どもがいない人生も、それはそれで自由です。

自分のしたいことをして、自分の時間を生きることができるので、本当に魅力的な生き方だと思います。

感じ方は人それぞれですが、子どもを持ってみて思うのは、やっぱり自分の子どもという存在がある人生を選んで良かったと今は心から思うのです。理由は正直、分かりません。

自分の時間はなくなるし、四六時中一緒にいて面倒を見ているのは家事をしているよりも疲れます。かわいいよりも、泣き喚かれたりが続くと時には憎たらしくもなります。本当に、楽しいことばかりではありません。きっと、子育て中のママはみんなそう感じたことはあるだろうと思います。

 

言葉になかなかできないけれど、育児に行き詰ったときは、子どもを持つ人生を選択した幸せを数えながら、この子が生まれた時のことやこれからのこの子の人生を想像しながら乗り切っていきたいと思うのです。

ふと、そんなことを感じたので書いてみました。