生後5ヶ月の発達について

child-84548_640

生後5ヶ月に入ると、運動発達の基本的な部分が完成してくる頃ですので、動きもかなり力強く活発になります。

 

あおむけにすると手で足をつかんでみたり、おもちゃを渡せば上手につかんで手首を動かして遊んだりもします。

背骨もしっかりしてくっるので、両脇を支えてあげるとお座りができる子もいますが、まだ背中が曲がってしまって前のめりになりやすい時期ですので無理してお座りをさせることはやめましょう。

 

情緒の発達も著しく、家族の顔をはっきりと覚えていて笑顔をふりまいたりもしてくれますが、知らない人を見ると、明らかに家族やよく知った人を見る時とは違った表情をします。

抱っこしている人の顔を触ってみたり、抱っこされていても自分の行きたい方向や気になる方向にのけぞったりして元気に動きますので、お世話をするママも体力が必要になりますね^^;

また、離乳食を始めている子は、ごはんを見ると全身を使って喜びを表現すたり、声を出したりします。

 

生まれてから5ヶ月で、こんなにも成長するんだなあとママもパパも驚き、そして喜びもとても大きいのではないでしょうか^^

赤ちゃんとの信頼関係もちゃんとできてきていることを実感できる頃ですので、ますます可愛さが増してきますよね☆

 

赤ちゃんのために、自由に運動できる環境をぜひとも作ってあげてください!

口に入れると危ないものは周囲から取り除き、寝返りができる安全な空間を与えてあげると良いですね。

 

寝返りやお座りの練習として、支えてあげたりして助けてあげると、赤ちゃんの発達の手助けになることでしょう。

 

 

コメントを残す