日中に仕事をしたい!昼間に子どもを預ける場所について

37691723_480x409  

前回も書いたように、色んな事情で子どもを昼間保育園などに預けているママや、預ける予定のママは多いことと思います。

しかし、保育園はいっぱいですぐには保育園に入れない待機児童という問題もあり、子育てをしながら仕事復帰しようと考えるままには厳しい現状でもあります。  

子育てと仕事の問題は、子育て中のママにとってはなかなか難しい問題でもありますよね。 正社員かパートか、または専業主婦か・・・

そこで、昼間に子どもを預ける方法としていくつか、それぞれの特徴を挙げてみたいと思います。

 

【一時保育】

保育園に平日の終日預けるのではなく、地域にもよりますが週1~3日程度預かってくれるシステムです。

地域によっては実施されていないところもあるかもしれませんが、実施されていて待機の状態の方たちが利用されることも多いようです。週3日ならば、パートに出るという選択もできますね。

 

【昼間里親】

こちらも地域によってないところもあるのかもしれませんが、これは市に登録した一般家庭で昼間少人数の子どもを預かってくれるというシステムです。

一般家庭に預けるのはちょっと不安に感じるかもしれませんが、面接など前もってお話できる機会を持ってみてから考えるのもよいかもしれませんね。

 

【無認可保育園】

認可保育園よりは料金は上がりますが、緊急の時やどうしても預けたいという事情がある方には良いかもしれません。

無認可保育園は認可保育園に比べて料金面などで人気はありませんが、一度見学に行って話しを聞いたり雰囲気を見て良さそうならば選択肢として入れておいても良いかもしれません。

 

【幼稚園の延長保育】

幼稚園に入れる年齢になったら、幼稚園でも最近は延長保育といって長時間の預かりをしてくれるところもあります。主に私立の幼稚園ですが、保育園よりも料金や入りやすさを考えれば利用しやすいかもしれません。  

幼稚園は基本的には14時までですが、延長保育で18時まで預けられるところもあるので、仕事を16~17時に退社して迎えに行くこともできます。

私の場合は、来年から一時保育を利用して在宅でお仕事をすることになっています。

 

それぞれのライフスタイルに合わせて、一番ぴったりな方法を見つけたいですね^^

コメントを残す